介護施設の食事を食べやすくするための調理法とは

介護施設の食事を食べやすくするための調理法とは

介護施設での食事を食べやすくする方法として、やわらかくする調理法になっています。
入居者のみなさんは高齢者であり、歯の無い方がほとんどです。
そのため硬いものだと食べることへの拒否感が出てきます。
すべてのものは柔らかくすることで食べやすくなっています。
また栄養面に偏りがないようにしています。
少ない量で栄養を入れ込むことで体力をつけてもらいます。
介護施設における食事は大部屋でみんなと一緒になりますから、食べる楽しみの雰囲気づくりも大切になります。
おいしいものがあるのに、雰囲気で壊れてしまうと、元も子もないですからになります。
毎日のように栄養士さんが献立に工夫を凝らして日夜励んでいます。
どのようなものが良いのか、体力をつけてくれるのかです。
そのことで体調にも違いが出てきますから、真剣なのです。
残された人生を全うしたいためにも、美味しく頂くという気持ちは非常に大切なことであり、生きる楽しみでもあるのです。

介護施設の食事メニューについてのいろいろ

介護施設における食事のメニューはやわらかくて、栄養に偏りがないようになっています。
ただでさえ食が細いため、少ない量に栄養素を散りばめる必要性があるからです。
そのため栄養士さんが日夜献立を工夫しています。
のどに食べ物をひっかけることがないように献立に工夫が施されています。
硬いものはどうしても拒否しますし、入れ歯の方も多いため必然的にくだんのような感じになるのです。
介護施設ではこのように楽しめる食事も提案しています。
1つの大部屋でみなさんと一緒に食べますから楽しみにしないといけません。
和気あいあいしながらのものは実に楽しいのかもしれません。
雰囲気も大切ですから雰囲気づくりも注意しているのです。
施設の中で唯一楽しいことは食べることですから、このことがなくなれば生きている価値を見出すことができないと言われています。
生きていくうえで生きがいみたいなものがあれば、人生へのモチベーションアップにつながります。

著者:間瀬照義

筆者プロフィール

福岡県北九州市生まれ。
介護施設で働いています。
ここでは得た知識を基に更新していきます。