入居後の満足度を高めるのは食事!特色のある食事を提供する介護施設を選ぼう!

このサイトでは入居後の満足のいく生活をおくるために、食事に特色のある介護施設を選ぶべき理由について紹介します。
食べることは毎日の楽しみでもありますから、おいしいご飯が食べられるなら元気に過ごすことができます。
逆に毎日が病院食のようであるなら食欲もなくなるかもしれません。
さらに施設ではどんな工夫や取組みがなされているかについてもお伝えします。
大事な家族を預ける所ですから、本人が快適な暮らしを送れるようにしたいはずです。

入居後の満足度を高めるのは食事!特色のある食事を提供する介護施設を選ぼう!

介護施設を選ぶ上で一つの重要ポイントは食事にどれほどの重きを置いているかという点です。
介護施設によっては、仕出し弁当などの外部からの配達に依存しています。
そうであってもプロが作るのですから、まずいということはありません。
それでも毎日同じ会社の弁当を食べると誰でも飽きてきます。
ですから食事に特色がある介護施設を選びなら、三回の食事が楽しみになります。
本人の生きる力にもなると言っても過言ではありません。

一般的な介護施設ではどんな内容の食事が多いか

介護施設の食事内容は、全体的に「高齢者が口にしやすく栄養がしっかりと摂取できるもの」を意識しています。
介護施設では、季節感や旬の食べ物を取り入れることも多いため、長く入所している人でも「この季節になるとこんなものが出るのが楽しみ」という場合もあるそうです。
食事は入所している高齢者の方たちの健康状態やアレルギーなども意識したものを提供されており、美味しいだけではなく見た目や栄養にもしっかりとこだわったものだと言えます。
内容は季節に合わせた食べ物も積極的に出しているところが多く、介護施設で食に飽きるということはあまりないといいます。
栄養バランスや見た目だけではなく、時にはアウトドアなイベントで外の景色を楽しみながら楽しい給食時間を過ごすこともあるようです。
介護施設で提供される給食やおやつなどは、季節と旬、そして入居者が楽しい時間を過ごせるように工夫された美味しいものが多いと考えて良いのではないでしょうか。

食事にこだわる介護施設で提供される特色あるメニュー例

介護施設を生活を送る多くの入居者にとって、食事をすることは大きな楽しみの一つです。
しかし、加齢と共に食べ物が飲み込みにくくなったり、胃腸の機能が弱まることによって、思うように食欲がわかなくなってしまう人も少なくありません。
そこで、必要な栄養素をしっかりと摂取してもらえるように、こだわりのメニューを用意して入居者の食べる意欲を引き出す工夫をしている介護施設があります。
こだわりのメニューの中でも特に高齢者に人気があるのは、季節の行事に関連したイベント食です。
新年を迎えた時のおせち料理や七草粥はもちろんのこと、ひな祭りのちらし寿司、土用の丑の日のウナギ、クリスマスのチキン料理といった季節を感じさせる特別な献立を提供して喜ばれています。
また、入居者の好みや気分によって献立の一部を選ぶことができるセレクト食も、食欲や自立心を引き出します。
野菜や柔らかい肉を使った色鮮やかなオードブルが並べられたり、さまざまなにぎり寿司の中から好きなネタを選べたりする献立を用意して、食事を五感で楽しめるようになっていて好評です。

入居者の声を取り入れる介護施設の食事は評価が高い傾向

介護施設での食事評価は案外高いため、食事内容に気をつかっている施設が多いです。
口コミでも評価されますので入居者の声は大変貴重になります。
同伴の家族からの声もありますからそちらも参考にする必要があります。
ですから介護施設では中身によって施設を代わる方もいるくらいです。
食べることは一番の楽しみですから仕方ないかもしれません。
栄養面や咀嚼などをいろいろ勘案しながら料理を作っていますから気をもんでしまいそうです。
残された人生を食で楽しみということは大変大切なことであり、誰にでも言えることです。
料理内容を重視しているところが少なくないのは事実なのです。
食べる楽しみのモチベーションアップは職員が丁寧に対応することで繋がっていきます。
料理へのモチベーションアップを重視しているところほど、優秀な施設であると言っても過言ではないです。
食に関する中身を知りたい方が多いです。
入所する前に説明があるかもしれません。

介護施設の検討段階で食事についても調べておこう

食べることは多くの人にとって生きる喜びや楽しみになっていて、高齢者も例外ではありません。
そのため、介護施設の入居を検討する際には、食事の内容や提供する体制についても具体的に調べることがとても重要です。
例えば、どこで調理をしているかという点も大きなチェックポイントとなり、介護施設の厨房で作っているところでは、食べるということに対してこだわりをもっていたり、できたてのおいしい料理が提供されていることが予想できます。
目の前で作られることにより、入居者にとっての安心感にもつながり、食欲が向上する効果も期待できます。
一方で、委託業者に料理を作ってもらっている場合は、管理栄養士によって栄養バランスが偏らないようにメニューが決められていたり、大量に作ることによってコストが軽減されていることがメリットです。
入居を検討している介護施設がある時には、1カ月間の献立やメニュー表を確認させてもらったり、実際に入居者が料理を食べている所を見学することで、入居後の食事がイメージしやすくなるでしょう。

著者:大場竹夫

筆者プロフィール

静岡県浜松市生まれ。
介護施設で働いています。
食事について疑問のある方が多いので、このサイトを解説しました。
介護施設の食事を取る